担当日和

お空でアイドルのプロデュースをしています

【SideM】3rdLIVETOUR LV 幕張公演1日目メモ

 


はじめに:ライブビューイング参加ログなので現地の話ではない 注意


会場:ユナイテッドシネマズわかば(埼玉県)
都内のLV会場はガチ盛り上がりだと聞いてたので、今回はゆったり楽しみたいと思って都内から少し離れた会場を選択。辺境の地埼玉とはいえ、人が少ないとかそんなことは全くなく、静かすぎず煩すぎずコールもほどよくいい感じ。

シネマ内でちょっとした出張物販あり。パンフレット・Tシャツ・タオル・キーホルダーといった公式準拠のもののみ置いていたような。公式ペンライトセットは確か置いていなかった。当方パンフレット買い逃しPですがこれは今後どこでも買えそうな感じ。

 

 

以下内容を絡めたライブビューイング鑑賞の感想です

 

※前提として、自分が過去に参加したLVがKING OF PRISM Ready Sparking(以下レディスパ)のみなので、どうしてもそことの比較になります。

 

まずライブ中は起立する。レディスパは座って見た記憶が。MC中は座る。この辺はなんら現地と変わりなし。

コールはほどほど。言う人も居れば言わない人も居る。自分が参加した会場の話だけど、やたらとせーの!言う人も居なかったしこれは自由な感じがした。
もちろん、ペンライトを振る人も居れば振らない人も居る。冬馬くんタイプのペンライトなしの人も。
参加する人数だけ参加スタイルがあるというのはとても良い。
ライブビューイング会場でペンライトの公式レギュが適用されるのかどうか、というのは今回気になったところです。周り見渡した感じだとキンブレ持ってる人がかなり居た気がするので、適用外なのか、はたまた……

追記

・応援やコンサートライトのご使用に関して、他の方のご鑑賞の妨げにならないよう御配慮をお願いいたします。コンサートライト等自体につきましても、他の方のご鑑賞の妨げにならない程度の長さ・明るさのものをご使用下さい。

公式より引用。ペンライトの細かいレギュレーション記載はないのでこの通り守れていればOKぽいですね


今回のライブの演出上、という話になるけど、もふもふえんのカメラワークが最&高だったので〜〜〜〜もうライビュで死に絶えた。もちろん現地のスクリーンにも出てるんでしょうが、見せ方というかカメラの撮り方に工夫を凝らしてくれているのは嬉しい。

逆に、今回は46人がひとつの舞台に立つという特殊な状況だったのもあり、見慣れてないグロリアスロードの(?)共通衣装になった時に担当を完全に見失う。目が滑った。

 

今回参加してライビュいいなーと思った点は気軽に参加できるというのと、社長のお知らせでスクリーンがアホほど見やすいということ。

毎度SideMは比較的ライビュ会場を多めに抑えてくれる傾向にあるので、興味持ったら気軽に行ってみてほしい。